ありのままきまま

earlyと申します。思いのまま書こうと思っていたのに、いつのまにかイベント参加の告知ブログになっていました。

2014年をふりかえる

こんばんにゃーくーぴかりんこ。earlyです。

仕事を納め、もういよいよ2014年も終わり!

トピックごとに今年一年を振り返りたいなと思います。

 

久しぶりに同人誌を描いた

サークル参加を3年ぶりくらいにした気がする。
合同誌にお誘いいただいたり、仲間内で合同誌を描くなどはたびたびしていたけれど、一人で一冊描くなんてそれはもうハードルが高いと思ってた。

おまけに以前個人誌を出していたときは学生だったし、ネームから入稿まで3日で描いたり、一週間でどうにかしたり、と学生じゃなきゃできないアホなスケジュールでやってたせいで、社会人で漫画描くなんてむり!って思ってました。

でも、なんとかなるもんですね。そして、やってみるとやりたいことばかり思いつくんですね。今度はちゃんとオフセで出したいですし、試してみたいことをやってみたいです。

 そういうわけで、今年久しぶりに描いた同人誌です。

サークル名に(自分の中で)変えてから活動していなかったので、「アリの実」として初めての活動だったのよね。

ラブライブ!一月から再放送始まるし、僕ラブ7に向けてぐにぐに取り組めたらいいなと思います。

今後とも二次創作サークル「アリの実」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

コミティアに出た

友達のたまごかけごはんさんとともに、「早起きあさごはん」というサークルで2回出ました。

ほんとは漫画本を出すつもりだったけれど、二人とも時間が取れなくてこのような新聞形式になりました。でも、これでよかったかも。

一号が「推しメン紹介」、二号が「ミュージカルAKB49特集」です。

今後の活動はまだ未定ですが、推しメンを応援するという趣旨を大きく変えようかなって思います。創作漫画やりたい。

 

ドルオタ活動大変だった

公演

1月 チーム4 手をつなぎながら 女性限定公演
4月 チームB パジャマドライブ公演 初日
5月 チーム4 アイドルの夜明け公演 女性限定公演
7月 チームB パジャマドライブ公演 橋本生誕
10月  チームB パジャマドライブ公演 大和田生誕

今年、公演入れた回数は去年より少なかったけど、特別公演ばかり入ってるので、その対価なのかな…贅沢だけど普通の公演に入りたい…。

生誕祭

なにが大変って生誕祭実行委員が大変だったんですけど、作業よりもそのとき振り回される感情がきつかったかなって思います。

同人誌と一緒で好きだから生誕祭にまつわる色々なものを作ったわけだけれど、作ることは副次的なので、本当になにかを作ってる実感とか嬉しさは得づらくて、自分の趣味の時間という気持ちになれないのがなかなか難しい。それから、ちょうど組閣してチームが変わったぐらいだったからか握手対応でよくへこんでいたし、襲撃事件にも実際かなり落ち込みました。

握手会

私が通い慣れてしまったせいか、はたまたメンバー側の問題なのか、ふっつうの会話でお互い雑な感じなので、思わず温かい気持ちにさせるような微笑ましいレポができない!こまったぞ!

とはいえ、面白かったやりとりもあったので、あとで落書きを追記したいなって思います。できたら。

テレビ

ここ最近橋本耀ちゃんがAKBINGOに出ることが少なくなってさみしいんですけど、上半期はよく出てたので、それまで動画サイトで名前を検索してもほとんどヒットしなかったのがヒットするようになったのは嬉しい。

 この動画の橋本耀ちゃん、本当に可愛いのでお勧めです。

 

今年見たアニメ

元々あんまり見ないけれど、今年は百合的にアニメ映画が大変よい年でしたね!

アナ雪!マーニー!たまこマーケット!!!!!!(みどりちゃん…)

上記でラブライブ!の同人誌紹介してるように、けいおんぶりにはまったアニメに出会った気がする。ちょうどアイドルオタとしてシフトしていたところもあったから、余計なフィルターをかけて見れて、なんか描きたいなって思う。

それから、最近はヤマノススメとSHIROBAKO見てます。

ヤマノススメ二期すごく百合的においしくて癒される…
SHIROBAKOは身につまされる話も多くて、いい感じに毒を与えてくれるアニメって感じ。

 

今年読んだ漫画

今年というくくりだと、どれそれってすぐに思い浮かばないな…
PC環境が変わったのと同時に、KindleのCloudReaderがサービス開始されたおかげで、Kindleで買うことも多くなりました。

あの娘にキスと白百合を 

言わずもがなの百合漫画!THE百合漫画!で久しぶりにそういうのを読んだ気がしたし、やたらめったら萌え苦しんだ。原始の百合萌え感情がくすぐられる感じ。

蝋燭姫

本や漫画にお金を出すことにはためらいがないんですが、本が増えるのはいささかためらう…そんな私にKindleというプラットフォームが背中を押してくれました…

上記のあの娘にキスと白百合をを読んで、うっほおおおおおいKindleで百合漫画漁りしてやるぜええええって意気込んで、調べたところいきついたのが蝋燭姫。

発売当時、表紙に惹かれていたけど、どうもあと1cm手が届かなかった漫画でした。発売は2011年だし、Kindleにもなくトホホとなっていたところに、朗報が。

 

 あたしゃ号泣したよ!

フェチズムに満ちた描写もあるのでそのあたり好み別れそうですけれど、美しいものに対する気持ち、それらがさまざまなものをはぎ取っていくところに、痛快さと切なさと愛しさを覚えました。

おすすめしたいけどおすすめしにくいのが難点。

となりのロボット

蝋燭姫ではぎ取られていったものの一つが、立場とか身分とかそういうものでした。

となりのロボットは別に立場や身分に縛られてるわけではないけれど、生き方の違う二人が二人なりの愛し方を見つけていくのが面白かったです。

すごいのがロボット設定の作りこみ!愛とか恋とかを工学的に分析してる点が面白かったし、周りの人が分析して汲み取ってあげてる点が読者とリンクしててちょっとゾクっとしました。

 

今年買ってよかったもの

DANZEN、さーふぇすたんでしょ!

 f:id:early48:20141227183140j:plain
これが私の作業環境、SOお布団。

Surface Pro3を発売日に購入して以来、描いてきた絵や漫画はすべてSurfaceで描いています。ラフからSurfaceってのもかなりある。というかほとんどそうだと思う。

もっとも、絵を描く装置としては、微妙な点もあります。Clip Studioを使用してるけど、よくわかんないタイミングで強制終了することもありますし、そもそもペンも筆圧感知256段階で微妙だと思う人は微妙だろうし。

でも、絵を描きたくさせるブースト装置としては最高です。

私にとってという前置きはありますが、まず絵を描きたいときの阻害要因をなくします。

私のパソコン立ち上がるのすごい遅いので、もうそれだけでなえちゃうんですよ!しかもネットサーフィンならスマホですいすい、だからパソコン立ち上げネットサーフィンついでに絵を描くっていう流れもできない。

おまけに机に物が多い!寒い日は机の前に座りたくない!などなど、くそみたいな理由の数々に絵を描きたい気持ちがしょぼくれちゃってました。

でもSurfaceなら開いてぱっと描けるし、お布団にくるまってても描けるし、画板使えば机代わりになるからマウスも使えてIllustratorなんか使う作業も存分にできる。身軽な準備で外でも描けちゃうのもよさ。

ペンの互換性の問題で、ついでにClip Studioに乗り越えたのもよかったかもしれない。絵を描く分にはまだSAIだけで十分なのだけれど、漫画原稿を描くとなるとそれまではPhotoshopでコマわり、セリフいれ、SAIでペン入れ、トーンのための領域分け、またPhotoshopに戻って、トーン化などなど。前段階にスキャンも入るのかな。
さまざまなソフトを行き来するのはめんどうくさかったです。ていうか手間です。
それらが一回で済むのはらくちんらくちん。

と、本当は落書き混じりで書きたかったのですが、時間切れでした。

来年はさーふぇすたんのこともっとたくさん知って、もっと使いこなせるようになりたいな…来年もよろしくねさーふぇすたん…

 

以上です

他にもいろいろ思いつくけどきりがない!(これ三日ぐらいに分けて書いてしまった)
今年は総合的によい年でした!でも来年はもっともっとよい年にしたいです!

読んでるあなたにとっても来年がよい年でありますようにと願いを込めて、
よいお年を!