ありのままきまま

残しておきたい思い出を、めげずに綴りたい。

初めてのTIF楽しかった~

夏のアイドルの祭典、TIFことTOKYO IDOL FESTIVALに行ってきました。

アイドルは好きだけど、幅広くアイドルを聞き知ったのはここ1,2年ぐらいのこと。
ましてイベントはAKB48ぐらいしかガッツリ行ったことなかったのだけれども、現場の雰囲気というか、アイドルグループそれぞれが持つ文化の違いみたいなのを肌で感じたくて、友達の誘いにホイホイ乗って行ってみました。

あと最近小泉萌香ちゃんや佐藤日向ちゃんを追っかけてると、声優さんだから自分が好きなコンテンツ(スタァライト)だけじゃなくて、他のプロジェクトのイベントにも参加するようになるから、それで未知のものに対する閾値が下がってるのかも。まさか自分が「けものフレンズ」のイベントに行くとは思わなかったし。

 

準備

TIFを今年始めていくことになったのは、夏の炎天下に弱いオタクだということも所以してる。コミケはサクチケという回避方法があるので、それで鍛えられると思ったら大間違いだ…。

とにかく体調を崩すのが怖かったので、この2つを参考にしました。

sauce3.hatenablog.com

oyom.hatenablog.com

で、装備がこれ。

f:id:early48:20190804222244p:plain



ボディバッグはちょうど欲しかったのもあって、なんとかTIFに間に合うタイミングで買ったけど、帽子とサングラスは準備できず。サングラスは必要だったなぁ。
UVパーカーは着てきて本当によかった。鼻の頭しか日焼けしてない。

 

桜エビ~ず、Lyrical School in スマイルガーデン

久々に感じる芝生の草いきれ

ムワッとする熱気と独特の匂いはあれど、コンクリの照り返しより幾分か体感温度がマシ。あと会場が広々とした野外ステージなので時折抜ける風がすごく気持ちいい。

午前中なのもあって、爽やかさやチルさがある2組の曲も心地よかった!
もちろん盛り上がったけど、バカ騒ぎって感じじゃなくて、音楽に体を馴染ませるみたいな感覚。

 

youtu.be

「桜エビ~ず」は存在は知っていたけど、曲を聞くのも見るのも初めて。
オシャレなシティポップに合わせて、笑顔が可愛い子たちが踊ればそりゃ100点満点でしょ!髪の動きも意識して踊ってるのも大好きだし、衣装が爽やか清楚で可愛い!
合計5億点!!!!!

 

www.youtube.com

Lyrical Schoolは実は一番のお目当て。
前述のとおり、アイドル好きな割にほとんどイベントに行ったことはないんだけれども、数少ない現場の一つはLyrical Schoolの「date course」のリリイベなのである。

なんと6年前のことだ。一応、ブログにも書き残してあった。だいぶ恥ずかしい…。

early48.hateblo.jp

6年前からメンバーがほとんど入れ替わってるけど、唯一その頃から在籍してるminanちゃんがこの頃から一番気になっていて、今回もライブでついつい目で追ってしまった。

もちろん他の子達もすっごく可愛かったし、なによりもみんな楽しそうにラップを紡ぐから、単純にライブ自体がすごく気持ちよかった~~~!

 

A応P~Lovelys in ドールファクトリー

同行者の提案で、お目当てのアイドルが出る予定の屋内ステージで、他のアイドルを見ながら涼を取る。

TIFの面白いなと思ったところは、観覧席に入るタイミングが自由なところ。お目当てのグループより前に入って良い場所に行けるよう動けるし、今回の私達みたいに時間つぶしのために他のアイドルを見るのもあり。

今回は特定のアイドルをめちゃくちゃ見たい!というモチベよりも、雰囲気を知りたいという好奇心で来たから、全く事前知識のないアイドルでも、そして正直Not For Meなアイドルでも「へぇ~」っていう気分で一定の満足感を得れた。

 

youtu.be

A応Pは、「舞台 やがて君になる」に出演してた春咲暖ちゃん色のペンライトを振って見様見真似で盛り上がる。

そういえば、一応キンブレ持っていったんですけど、あんまりペンライト文化ないんですね?でも、そうか…ちゃんとペンライトを用意しなきゃってなり始めたのは、Aqoursにハマってからだな…ペンライトはアニソン文化なのか…。

全力バタンキュー」をMIX入りで聞くのが新鮮だった。久々にジャージャーした~。

 

youtu.be

「クマリデパート」はほんとに初めて知ったグループ。
エレベーターガール風の衣装が可愛い!楽曲もけっこう印象に残っていて、今日改めて聞き返したり調べてみたら「Maison book girl」と同じプロデューサーで納得。とある曲の編曲をIOSYSのARMSが手掛けていて、好きになるものってもう変わらないんだろうなって思ってしまった。

ただ、本人たちそれぞれの印象よりも、近くのオタクたちが振りコピめっちゃしてたことの方が記憶に残ってる。だから不快に思った、ってわけではないから、思い入れの大きさって厄介だね。

あと落ちサビでオタクたちがケチャをしてる中、女オタが推しにずっとハートマークを作ってアピールしてて、感情の質感……!ってなった。こういうの見れるのが楽しい。

 

youtu.be

ちょうどいいMVがなかったので、やたら印象に残った謎の生物「うぱぎ」の名を冠したイベントの動画で…

 「Lovelys」は、去年TIFに行った友達が「なんか応援したくなる…」という気分にされたらしく、見ることになったグループ。

アップフロント所属でハロプロのカバー曲を中心にやっていたようなのだけれども、なんやかんやハロプロちゃんと通ってないんだな…と思い知った。(カバー曲だって全然気づかなかった)

ドールファクトリーで見た5グループぐらいの中で、一番MCが印象に残った。愛嬌があるし面白くて馬鹿みたいに大笑いしてしまった。

 

虹のコンキスタドール in ドリームステージ

ちょっとお昼休憩をはさみつつ、ドリームステージへ。

本当は22/7も見たかったのだけれども入場規制で断念。虹コンに備えて入場待機列に並びながら、遠くにちらちら見える姿で我慢。

  

youtu.be

虹のコンキスタドールはpixiv発のあれだよね…?根本凪ちゃんがでんぱ組に入ったんだよね…?程度の知識。

オタクの数に対して観覧エリアが小さいから、見える場所に立ち位置を取れるわけでもなく、ノリつつ隙間を探して見るような感じ。

いかにも夏曲!なノリと、露出が高めでカラフルな衣装!夏来たわ!!!

周りに合わせてノリノリで聞いてたら、1曲目の「トライアングル・ドリーマー」の歌詞がどう考えても百合で、途中から気が気でなくなってしまった。
あと、こんな百合曲でガチ恋口上が定番なの!?っていう驚き。

 

www.youtube.com

百合じゃん~~~先に言ってよ~~~~~~
(締めで歌われたこの曲が「トライアングル・ドリーマー」のアンサーソングだと後から聞いた百合豚)

 

フィロソフィーのダンス in ホットステージ

虹コンからフィロのスまで、ちょっと時間が空きそうだったので、物販に行かせてもらう。

すっかりリリスク最高!!」になってたので、Tシャツが欲しかったのだ。

リリスクのグッズは全部おしゃれで素敵。他にも帽子をGET。帽子売ってるって知ってたらもっと早く買いに来てたな…。

 

youtu.be

フィロソフィーのダンスは存在を知っていたし、ちょこっと曲も聞いていた。

R&Bの他のグループにはないオシャレさと、抜群の歌唱力が印象に残っていて、ステージもまさにその期待通り!

とにかく歌が良くて、聴く・空気を体感することで十分満足感が得られるから、パフォーマンスを必死になって見なくても楽しめるのが、このタイミングではちょうどよかった。

 

Lyrical Shoolの特典会

想定外だったのは、グッズを買ったら特典会の券が付いてくるってことだ!

接触する気がなかったから、化粧直しするためのあれこれも持ってきていない…全員握手か2ショ・全員写メ…写メに自分の顔いらないのですが…でも全員と何喋ればいいかわからないし、いくら汗を落としても握手していただくのは悪い……。

と、様々な逡巡のすえ、同行者の応援により全員写メを決断する。

f:id:early48:20190805005003p:plain

え~~~めっちゃチヤホヤされるじゃん!!!

(犬柄Tシャツ、手抜きしてう○こ柄みたいになってるけど、めっちゃオシャで可愛かったよ)

一度に5人に話しかけられるから当然のように返答できないんだけど、1対1でまともに喋れないときよりはるかにマシ!物理的に無理だもん!!!
反省会いらずの接触!!!心に優しい!!!

 

神宿でんぱ組.inc in ホットステージ

夕飯を食べてから、でんぱ組に備えて神宿からホットステージに。

フィロのスのときよりも人口密度が高くてさすがにちょっとくさい!

でもコミケやアニメ系イベントより随分マシ。ていうか一日通して「臭いやば…」と思ったのは、このときだけ。普段どんな苦行を強いられてるんだ。(そんなイベントに参加してる私も、そんな臭いを発するオタクたちも)

  

www.youtube.com

神宿は名前聞いたことあるな~ぐらいだったけど、でんぱ組好きの友人が見たがる理由もよくわかる。ヲタ芸とかマサイとかするオタクたちを眺めつつ、適当にワイワイ騒げるような、基本的に明るくなれる曲ばっかりで楽しかった。

 

youtu.be

「ほめろ!」って曲最高のコンセプトじゃん~!!って聞き返そうとMVを探したら、こんな動画が出てきて笑いながら見ちゃった。

 

youtu.be

でんぱ組.incはもう説明するまでもなくの知名度だと思うけど、これまで「でんでんぱっしょん」ぐらいしかまともに聞いたり見たことなかったかもしれない。えいたそとりさちーをアイカツのライブで見たことあるぐらいだ。

PAブース前の柵あたりだったので、もう周りのオタクはヲタ芸・振りコピ・マサイしまくりの乱痴気騒ぎで、それはそれで楽しかった。グループごとに楽しみ方は違うんだなって改めて。見様見真似の超高速盆踊りのおかげで腕が筋肉痛だけど気分がいい痛み。

 

そんな感じで初めてのTIFは楽しく終えることができました。

自分の最推しグループが出演してたら心が疲れそうだけど、広く浅く好きを満たしつつ、もっと好きを伸ばしたいグループを見つけるのがちょうどいいのかも。

リリスクワンマンツアー、どの日程なら行けるかな~~~。
アルバムのリリイベあるかな~~~。

2019年平成までの4ヶ月間に行ったイベントをまとめる

2018年まとめがめっちゃ大変だったので、1年が終わる前にちょこちょこまとめることにしました。令和だし。9月にも記事を書いていることでしょう…書いておくれよ、未来の自分。

 

1月

・『ゆく桃くる桃 ~第2回 ももいろ歌合戦~』TV中継

(早速行ってないイベントだけど…)

「行くぜ!怪盗少女」で迎える最高の年明け。スタァライト九九組のみんながジャンプしてる様子が見れて可愛かった。

 

・『Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー』Guilty Kiss千葉公演

Aqoursの現場、なんか久しぶりな気持ち。11月ぶりだから実際はそうでもないけれどもスタァライトのこまごましたイベントが多いせい。そんなこともあってか、なんか男性が多いな!という気持ちになった。いつもそうだったのにね。

「Guilty Night,Guilty Kiss!」はもはやアンセムになってる気がする。BD全巻購入特典曲なんて思えない。ギルキス限らず他のユニットもそうだけど、初期曲の「Strawberry Trapper」はやっぱりユニットの色を形作った曲だから、すごく安心感あるしめちゃくちゃアガる。

 

・「約束タワー」リリースイベントin名古屋、大阪

行っちゃった~。リリースイベントのために遠征すると思わなかった。気になってたクラフトビールのお店に行けたし、大満足。

メンツが小山百代さん、富田麻帆さん、小泉萌香さん、相羽あいなさんっていう笑いに貪欲な人たちだったので、トークエチュードがまさに文字通り抱腹絶倒で、リリイベなのに満足度高すぎた。

 (こんな人達なんだから面白くないわけがない)

ライブは久々の「舞台少女心得」が聞けたのがすっごく嬉しかったな~。大好きなんだよね「舞台少女心得」。幕間.verもいいけど、やっぱり元曲は青春の明るさが詰まってる感じで好き。

 

 

去年から出張によく行くようになったので、遠征に対する気持ちのハードルがガクっと下がったのよねぇ。今年は他にどんなところに行けるだろう?

 

・『ゲートシティの恋』初日

2月にまたぐことなので、2月の項に書きますね。

 

・その他

こじまこ卒業発表って1月だったんですね…ううう…
AKB48は14期生を中心に10期生以降が大変革を起こすんだって思ってたんですよ。でも峯岸チーム4解体されてから、なんか牙を抜かれたみたいになってしまったなぁなんて今振り返ると思います。

話題になってるNGT48の騒動、危害を加えたとする男性グループって私が現場に行くようになる前からも48G周辺にいたんですよね。今の運営体制を批判するかつてのファンたちがいるけれども、戸ケ崎さんたちがいたときからそういう噂はいっぱいあったので、今は相当ひどいだろうけど、過去が良かったかというとそうでもないなぁって正直冷ややかに見ています。うーん…。

 

2月

・『ゲートシティの恋』1日マチネ

2018年後期の小泉萌香ちゃんはCMのお仕事が多かったので、舞台が見れるなんて!って大はしゃぎして申し込みした覚え…。下北沢の「劇」小劇場という箱で、その名の通り100名程度のキャパなので、間近でお芝居が見れてぐっと引き込まれました。

近未来版ロミオとジュリエットというアオリどおり男女のラブストーリー、でも役者は全員女子。それから下は中学生?上でも27歳ぐらいなのでとてもフレッシュで、エネルギッシュさを感じた。あと、複雑な苦悩を持つ役どころもあるのだけれども、凝った演出やプロットでないことも相まって、役者さんそれぞれの素直さを感じる舞台で個人的にとても好きでした。

小泉萌香ちゃんが男役で、キスシーンもしたのだけれども間近で見るとやっぱりびっくりしますね…。「やがて君になる」でもキスシーンあるんだろうけれども、まぁ何度か見てるし…って心に防御壁張れるからいいですね(?)

もっともっと個人的な感想になるけれども、あれぐらいの大きさの箱だと、高校の文化祭でやった劇を思い出してすごくエモい気持ちになるのよね(高校の文化祭と比較するのは失礼だと思いながらも…)。うちの高校、文化祭の劇がすごく有名で、普段使ってる教室を舞台に作り変えるんですよ、ちょうどキャパも100ぐらいなので、体感が似てるのです。

 

・「BATTLE60x60」ヤなことそっとミュート × MASS OF THE FERMENTING DREGS in下北沢SHELTER

なんだそのゲキエモな組み合わせは~~~~~~ってなりませんか?
私はなりました。

www.excite.co.jp

ヤなミューの子がMCで「私からお知らせがあります」って切り出したときには、「ウッソー、ヤなミュー初現場なのに卒業発表聞かなきゃいけないの?」って思ったら、大学を無事進級できるだったか、無事卒業できるだったかの報告で、完全に余計な心配だった。
めっちゃハッピーじゃん…。

マスドレのピック拾えたのが良き思い出です。ステッカーも買った~。
わ~い。

 

・その他

2月27日に小泉萌香ちゃんのお誕生日がありました。
佐藤日向ちゃんの誕生日は国民の休日なわけだし、2月27日もそうしてほしい。
(でも2月の営業日が減るのはきついな…)
(もしや今年から12月23日は休みじゃなくなる…?)

 

3月

・『Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー』東京公演

最前ブロックだった…。欲がスタァライトにそれてるからでしょうか…。5thライブ当たらなかったからでしょうか…。

Aqours、やっぱり9人揃ってわっちゃわちゃしてるのを見るのが大好き。9人のバランス感が、いいよね…だいすき…(語彙力が消失)。

個人的にCYaRonの入場曲が大好き。ハピコアRemixじゃない?音源出してほしい…。出てたら教えてください…。
あとAZALEAが入場するとき、アオリ方が他より声高めでちょっと可愛かったのがらしかった。優勝おめでとう!

 

・『舞台版「魔法少女(?)マジカルジャシリカ☆第壱磁マジカル大戦☆」』3日目マチネ・ソワレ

スタァライトの小泉萌香ちゃん、富田麻帆さん、生田輝ちゃんが出てたのでホイホイ行ってしまった。

しっかり好きにならせてくれるキャラ達だったのが良かったなぁ。魔法少女まどか☆マギカ魔法少女サイト舞HiMEあたりのプロットや設定と似通ったところはあるので、どんでん返しの仕掛け自体にはそこまで驚きはしなかったけれども、キャラを好きになってると受ける気持ちが違ってくるよね。

 

当たり前だけど、舞台それぞれで役者の違う側面を見れて楽しいですよね。
萌香ちゃんのヒール役、輝ちゃんの素直で可愛い役、まほねぇのコメディリリーフと思いきや…な一癖ある役…。もちろん他の役者さんを知れる機会でもあるし、タイプの違うコンテンツに触れる機会でもあるし、舞台役者さんを追っかけてしまうと楽しくて大変だ…。

 

・『ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュみんなでおらぼう!~』ライブビューイング夜公演

いわゆる中の人達が、キャラのフランシュシュのイメージとそのまんまでびっくりした~~~!キャラとしては紺野純子ちゃんが大好きなんですけど、そのまますっと河瀬茉希ちゃんが気になってしまった自分に笑ってしまった。あと田中美海ちゃんがすごい星川リリィちゃんでお父さんの気持ちになってしまった(?)。

ゾンサガのいいところは、どの曲にも元ネタの雰囲気を感じるというか、ちゃんと色んなアイドルを研究して取り入れているんだなってわかるところ。「特攻DANCE」は「One Night Carnival」だろうからアイドルではないけれども、最高にブチ上がっちゃうよね…。

 

・『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』アニメ メイキング セミナー

少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の監督/古川知宏さん、音楽ディレクター・プロデューサー/山田公平さん、劇中戯曲脚本・劇中歌作詞/中村彼方さんが、アニメ制作の裏側を語る講演会。

スタァライトの設定裏話が1番キャッチーな話題ではあったけど、オリジナルアニメにおいて視聴者に気に留めてもらうためには、どのようにキャラたちが伝播させなきゃいけないか、しっかりと考え抜かれていたことがわかったのが個人的に大収穫。創作するというよりは設計するという温度感を感じた。あと「人間は言葉の生き物だから」という理由で既存の言い回しに頼らず、作中概念をしっかり定義付けし言語化して浸透させたそうで、そういう意識統一が大人数で一つの作品を作る上でとても大切なことなんだろうな。

 

・『少女☆歌劇レヴュースタァライト オーケストラライブ“Starry Konzert“』昼夜公演

みもりんがMCで言っていたけど、ほんと上品なおフレンチのコースを食べたみたいな満足感…。

2018年12月に行われた2ndライブと同じく、レヴュー曲を全曲披露したけれども、今回は殺陣なしで激しく踊ることも少なく、オーケストラと歌声で奏でる、音楽一本勝負!なライブ。

輝ちゃんが「花咲か唄」のハモリの練習を何度もしたとか、萌香ちゃんの「星々の絆」はコーラスパートも生歌で披露したとか、そういうところにも今回は歌で勝負!というところに現れていると思う。

 

それから幕間の朗読パートがレヴュー曲の物語に華を添えてるのも、このライブの特徴だったかと。

この日のために用意された脚本は、作詞家の中村彼方さんによるもので、第100回目聖翔祭を終えた、双葉・香子、真矢・クロディーヌ、華恋・ひかり・まひる、純那・ななの会話劇だった。

じゅんななな大好き人間には、「第100回を迎えたななちゃん!!!」「やっぱり再演のことをちゃんと受け止めてあげる純那ちゃん!!!」ってもうそれだけで感涙ものだったのに、夜公演で挟んだアドリブが神がかっててボロ泣きしてしまった…。

 

このアドリブ、ただ単にアドリブ上手く答えててすごい!ってだけじゃなくて、萌香ちゃんがステージ上でいつも日向ちゃんに無茶振りされてるっていう文脈を知ってると、余計に涙腺に来るものがあるんですよ…
わかります…。

あと、みもりんやまほねぇのMCのテンションがふわふわしてるというか、いつもより高かった感じがしたのも印象に残ってる。ベテランほど、このライブが実現したスゴさを感慨深く感じてるのかなと勝手に思ったり。いやぁ、良いフレンチのコースでした。

8月7日発売の特別盤CDに、オケコンのBDがついてくるらしいですね!?
みんな買って!!!(オプマ)

(正直18人描くのも楽器を描くのもめっちゃ大変だった…もうやれる気がしない…) 

 

4月

・新元号発表

インスタライブで発表を見てたらこじはるがコメントしてて笑った。そういうことをおばあちゃんになっても語り継ぎたい。

 
・『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition』Blu-ray発売記念ブシロードストアトークショー

ひなもよぴちゃん面白い上にかわいくて最高~~~~~~~!!!

 

 面白かった、可愛い以上の言葉が出ない。

 

・劇メシ 特別企画公演 4月『キツネたちが円舞る夜』

舞台ではなく、レストランで演劇を行う「劇メシ」。

今まで小泉萌香ちゃんが出演してたのは知ってたんだけど、この4月の公演では佐藤日向ちゃんが出演したのでルンルン気分で行ってきた。

客席や客席の間でお芝居を繰り広げられるから、役者さんと同じ目線で物語に入れるのが面白いところ。内容というか演出が、客席と舞台が一緒くたになってることを活かしたもので、面白いの作り方ってこういうなんだろうな~なんてちょっと感動した。

そして演者と距離がほんっとうに近いから、細かいお芝居が見れるのも良きポイント。あと、照明も音響装置もないから、ほんとに身一つでお芝居してるのが見れるのもすごいところ。

なんといってもご飯が美味しい!
ビールも飲める!
これを最高と言わずなんという!

 

5月は小泉萌香ちゃんが出演するし、演出も変わるみたいで、それもすっごく楽しみ。チケットまだ買えるみたいですよ?
行こうぜ劇メシ。

 

 

・その他

劇メシの項でも触れましたが、平成最後のお誕生日でしたヤッタネ。

 劇メシ終演後、テーブル回りに来てくれた日向ちゃんからお祝いしてもらったので、今年一年絶対良い年にします。イエイイエイ。

 

この4ヶ月間、ここにまとめていない個人的節目も迎えてるし、2019年が良い年であることがうかがえますね(自分を鼓舞しています)。

令和だって推し事もお仕事も楽しくやっていきましょう~。

2018年に行ったイベントまとめ【下半期編】

2018年まとめ後半戦です。下半期のほうが重いせいでなかなかやる気が起きず、2月も終わる頃にあげるという……。

7月

・「Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」in福岡

1,2日目両日参加。埼玉、大阪公演とセトリもちょっと変わって、さらに泣かせる構成になってて最高だった。行ってよかった、ホント。
自分自身もこれまでのライブよりも変に高揚感があったみたいで、今までで一番オタク装備した。ライブっていいね。

 

・「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」OPジャケットサイン会

佐藤日向ちゃんと小泉萌香ちゃんに初接近イベ。
Aqoursでは接近イベ参加したことなかったから、なんか無性に楽しかった。
というか、日向ちゃんと萌香ちゃんがはちゃめちゃ優しい…。

このイベント、開催にいろいろ粗があって、その後のイベントにもそういうところが見受けられたのが残念。スタァライトは制作スタッフには信頼があるんだけど、運営は目に余るからちゃんとしてほしい。マジで。

 

・ 小宮有紗5thファンミーティング

なにか特別楽しい~~~盛り上がる~~~ヒュ~~~というイベントではないんだけど、かわいい小宮有紗ちゃんが仲良しの子と雑にトークしてるだけでとてもかわいいから、最高。

 

8月

MASS OF THE FERMENTING DREGS「No New World」リリイベ

大好きなバンドが8年ぶりにアルバムを出しただけで嬉しいのに、気軽に見れる形でリリイベがあったのも嬉しい。
アルバム収録曲をアコースティックで披露してくれた。

 

・まるごとりかこ 逢田梨香子Birthdayイベント

逢田梨香子ちゃんのバースデーイベント。可愛く楽しくお喋りするのをふんふんと聞くイベントは、ずっと立ちっぱのライブイベントより次の日が楽…。

www.animatetimes.com

ただトークイベント系ってよほど驚くようなことが起きないと、あんまり記憶に残らないんだよね…。
一番記憶に残ってるのはずっと気になっていた「中野ビール工房」で一人飲みをしたことです。美味かった。

 
 ・TBSアニメフェスタ2018

www.tbs.co.jp

たしかもうめちゃくちゃスタァライトされてたので、けっこう直前まで普通に買えたからついつい行ってしまった。アニサマの後ろで見るよりはいいかなと思ったんだけど、知らないアニメのミニライブやトークを6時間ぐらい聞いてたのはさすがに疲れたかな…。

パンフレットに三森すずこと小山百代のインタビューが載っていたのだけど、大場なながやばいって話をされてて、6話放送直後だったものだから、胃腸が千切れそうになった。この頃、大場ななちゃんのことずっと考えてたな………。

EIGHT OF TRIANGLEという東映ヴァーチャルアイドルが出演してたのだけど、「アイカツ! LIVE イリュージョン」みたいに映像投射系で、ライブをするだけでなく、壁をすり抜けたり空中浮遊したりしたのは思わず笑ってしまった。

www.eightoftriangle.com

 
・「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」EDシングル発売記念お渡し会

小山百代ちゃんと小泉萌香ちゃんのお渡し会。たしかポスターをもらった気がする。

アニメフェスタの感想やアニサマの応援を話したり、もよちゃんって意外と小さいんですね~とか7話死にそう(この日が7話放送日)という話をした。

 

9月

スタァライトのEDリリイベも外れ、お仕事でAqoursのファンミも行けず…。
全然イベント行けなかった…。(他の月が行き過ぎなのでは?)

 

10月

・ぬまがさワタリのなんてこった絶滅どうぶつ図鑑展

お友達と焼き肉食べるついでに見に行きましたん。

 

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE- #2 

3公演+LVを見てきた。男性向けコンテンツだろうに女限を設けてくれて本当にありがたい…というかスタァライト関連は今までハマった男性向けコンテンツの中では女性率が高く、雰囲気がとっつきやすくい。

early48.hateblo.jp

舞台は大きな会場にすることがなかなか出来ないだろうし、LVももっといろんな地域でやるようになってほしいなぁ…。もっとたくさんの人に見てもらいたいですよ。

しかし再演も楽しみだな~。初日はばななちゃんのお誕生日なんですよね、当たるといいな~。

 

・「少女☆歌劇 レヴュースタァライトBlu-ray BOX発売記念お渡し会

小泉萌香ちゃんと伊藤彩沙ちゃんという珍しい組み合わせ。

ノリが近くて仲良しなんだろうな~という空気感と、キャラの関係性的にまだまだお互いの知らない一面があるというところが見れてよかった。

 前日にスタァライトカフェに行ったので、ばななランチを描いたのでした。

f:id:early48:20190223160423j:plain

こういうの全然興味なかったのに…スタァライト恐ろしい子……。

 

11月

・すわわ in PUROLAND Anniversary Symphony

そろりと行ってきてた。

イベント名どおり、ピューロランドで開催され、ゲストにもサンリオキャラクターが登場。
マイメロちゃん、ピアノちゃん、クロミちゃんにジェスチャーゲームをさせるっていう、諏訪ななかちゃんが頑張らない仕様だったのがすごくツボだった。

実は3列目っていうめちゃくちゃ近い席だった上に、当日のアンケートも読み上げてもらってしまった。名前を呼ばれた上に、確実に自分を見てくれた経験ってやばいですね…。

 (私が行ったのは別の時間のだけれど)

 

てさぐれ!部活もの5周年ファンイベント

昼夜公演当たっちゃったので、久々の千葉を満喫(?)してきた。

てさぐれのイベントは初めて行ったし、曲も全然知らないのにミニライブとか楽しめるかな…なんて心配してたんだけど杞憂に終わった。

一人ずつソロ曲を披露しては、他のみんなが邪魔…もとい盛り上げるために演出を施してくれて、歌に聞き入るどころか爆笑しまくってた…。

 誇張なしに、この1年で1番笑ったイベントかもしれない。またあったら行きたいな。

 

・小山百代&岩田陽葵の声優育成科 in 早稲田 

早大の学祭イベント。示し合わせてないのに、二人とも洋服がダダ被りしてたことには思わずニッコリ。

クイズなどの流れでけっこうこれまでの経歴に踏み込んだ話もあったのが嬉しかった。(お互いの学歴の話とか。はるちゃん、慶応だってのは知ってたけど、湘南藤沢だったのには妙に納得してしまった。)

 

Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~

神の恵みにより両日行けました…ありがてえ…SNSの力…。

 

セットリストのバランスも良かったし、でっかい船がアリーナを横切る演出も良かったし、今までの演出をガラッと変えた曲もあって…。アニメで描いていたキャラクターたちの輪郭をどんどん広げたようなライブで、本当にあの場に行けて良かった…。

幕間の茶番アニメのノリが正直好きじゃなかったので(キャラ性のブレがひどい)、今回のオーケストラ演奏はすごく満足できた。

あと東京ドームっていう大きさだったから、厄介がいたとしてもすぐ近くにいない限り目立たなくなっていたし、同行者とか周りの人がちょっとしたことでもすごく喜んでる人たちが多かったので、とっても客席側の雰囲気が心地良かったのも素敵だった。

東京ドームのライブが決まったときは、「終わりに近づいてるんだろうか…」と寂しくなってしまったんだけど(新曲がミドルバラードだったのも相まって)、「私達はもっと先に行くよ!」という決意を感じられて、応援しててよかったな…と思えるライブだったな~。

 

・おまけ

 スタァライトのイラストコンテストで大場なな賞を受賞させていただき、本当にめちゃくちゃ嬉しかったです…。
いただいたサイン色紙は額に入れて部屋に飾ってあります。仕事で凹んだときとか、「小泉萌香ちゃんに選ばれたんだぞ…」と自分を鼓舞してます…。

 

12月

 ・「99 ILLUSION!」 発売記念スペシャトークイベント

小泉萌香ちゃん・生田輝ちゃん、富田麻帆さん・岩田陽葵ちゃんの回に行ってきた。

もえてるは立ち見でトークを聞くのがなかなか御老体にはきつかった…。あともえてるは両方関西出身のためノリが近くてだいぶ面白いイベントになったんだけど、動きや勢い・言い方込みでの面白さなので、文章で伝えにくいのが歯がゆい。

まほはる回は、まほねぇが動き込みで面白いのはもちろんなんだけど、はるきちゃんの普段の奇行や話題選びが相当面白い。自己紹介ついでに近況を聞かせてって言われて、「玄関ドアの横にいた青虫が蛹になった」って話されたのには笑ってしまった。

 

・舞台「Stray Sheep Paradise」

佐藤日向ちゃんが出るので行ってみた百合舞台。

 けっこう舞台作り(大道具といえばいいのか?舞台装置というとおおげさ?)が凝ってて良かったなぁ。同じ俳優座で見た舞台とぜんぜん違う印象。

あとエンタメ性というかアニメを嗜む層も意識してる印象があって、それも面白ポイントだったかなと。

・2ndスタァライブ「Starry Desert」

2018年ラストのイベントはスタァライト九九組の2ndライブ。

新曲や今まで披露していた曲をやった後、全レヴュー曲を通しで披露。

voicemediajp.net

BD特典メドレーも良かったな…試聴しかまだ出ていなかった「you are a ghost, I am a ghost ~劇場のゴースト~」もパフォーマンス込みだとものすごくゾクゾクしたし、「恋は太陽 ~CIRCUS!~」は早くフルで聞くのがとても楽しみ。

後半の全レヴュー曲披露は、現実ナイズされたレヴューパフォーマンスの熱量や、照明演出の再現度が高く、「これはすごいものを見てしまったぞ…」という気持ちでいっぱいだった。すごいものだったんだよ、何やらあれはすごかったんだよ。良いとか素敵とか素晴らしいとか、それらの賛辞を通り越した言葉が欲しい。アニメや舞台の熱量を受けて、演者やライブスタッフがさらに熱量を注ぎ込んで出来たものだったな…熱量の循環というか、スタァライトは制作サイド間できらめきの交換を繰り返していて、それが巨大な熱量として放出されているようなものを浴びれるのがすごく嬉しいし、傍から見てて幸せなプロジェクトなのかなって思ってしまう。

 

 

私もエンタメ業界に片足を突っ込んでる人間なので、2019年も志は変わらず、面白いものを届けられるようやっていきたいと思います。

そのために!!!

ヲタ活で英気を養うのだ!!!!!

2019年もよっしゃいくぞ!!!!!!!!

 

おわり

2018年に行ったイベントまとめ【上半期編】

あけましておめでとうございます。
すでに年が明けて2019年に突入していますが、このブログは自己満足でできているので、気にせずに2018年を振り返りたいと思います。自分のために。

書いてたら長くなったので、上半期と下半期に分けて投稿します。

まずは上半期。 

1月

・この月はライブの現地参加はなし。

Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING」にライビュで参加したところ、現地で参加してた友達がお便りを読まれてて、映画館で盛大に笑ってしまった覚えがある。

 

・第0回百合ナイト

声優の橘田いずみさんや漫画家の森島明子先生らが登壇した百合のトークイベント。

第1回も行きたかったんだけど、外れたんですよね。
今調べたら奥野香耶ちゃんとか出てたんですね、そら外れるわ!


2月

1~2月は「The Elder Scrolls V: Skyrim」や「Stardew Valley」を遊びまくっていたようですね。

・小宮有紗バースデーパーティー 24 -TWENTY FOUR-

東京公演に参加。写真集のオフショットとか公開してもらったはず。

 さすがに元号変わったらいじられなくなるかな?

 

アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!

2日目のみ参加。アイスタの方は終えてなかったので初聴きの曲も多かったんだけど、ライブノリの良い曲ばかりで最高だった。「裸足のルネサンス」と出会えてよかった。
「prism spiral」も聞けて…あおいちゃん……。

 

3月

ウィルス性の急性胃腸炎で床に伏す。本当に辛かった。
治ってからしばらく禁酒しようと誓ったものの、2日後くらいにビールを飲みに行った。

・この月もライブの現地参加はなし。

書いてないだけで「Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING」はほぼライビュを見たので、ライブ欲はほどよく満たされていた2018年序盤でした。

 

4月

 ・「リズと青い鳥トークイベント付き先行試写会

たしか女性しか応募できないやつで申し込んだんで、観客が驚異の女性率。女子高生もいる。どんな気持ちで見たんだろう。

登壇者は原作者の武田綾乃先生と監督の山田尚子さん。お二人とも雰囲気が似ていて、魂の波長が合いそうだと思ったし、だからこそあの小説がこんな形で映画になったんだなと思った。

natalie.mu

原作は関西弁だということもあり、キャラに違和感を感じてしまうから…という点で避けてる人が多いように思う。
でも、すごいんだよ~~~温度と湿度が~~~。みんな読んで~~~~~~。

 

・「リズと青い鳥」舞台挨拶

東山奈央さんと種崎敦美さんと山田尚子監督が登壇。

 

あと現地には行けずライビュで見ましたけど、「LOVELIVE! SUNSHINE!! HAKODATE UNIT CARNIVAL」最高でしたね~~~!!!
ていうかライビュめっちゃありがたいな。Aqoursは上映館数も多いし、行けなくてもフォローが手厚くてありがたい。規模が大きいから為せることをちゃんとしてくれる。

 

5月

・この月もライブの現地参加はなし。

5月はライビュに行ったりもなく、オタ活が鳴りを潜めていた時期ですね。その分、6~7月が重いのですが…。

 

6月

・「Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」in埼玉

1、2日目両日参加。1日目は結婚式とハシゴするというハードさ。晴れててよかった(2日目は雨がひどくて寒かった)。どちらもトロッコが近くに通る席で、幸せやったわ…。

early48.hateblo.jp

この記事、めっちゃ固いのでちょっと頭の悪いツイートで緩和しておきますね。

 

・「Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~」in大阪

1日目はライビュで、2日目は現地参加。

early48.hateblo.jp

クラフトビールも飲めて最高~!ホテルと会場近いっていいですね。
この歳になると遠征ついでに観光よりも、温泉アンド美味い飯とビールが最高かもしれない。

 

・「少女☆歌劇 レヴュースタァライト 1stスタァライブ  Starry Sky」

昼夜公演参加。いや~楽しかったな~~~。舞台#1初演ぶりのスタァライト
夜公演はロマクルを目の前で歌われる席だったので、1stライブのBDにハチャメチャ笑顔で映り込んでてウケる。恥ずかしいを通り越して、あまりにも幸せそうな顔をしてて、オマエよかったな…という気持ちになれる。

early48.hateblo.jp

このライブを機に、より一層スタァライトされまして、アニメ前にコラボカフェに行くなどしました。この頃から純那ちゃんが好きなのです…。

 

・「CDTV '18 上半期SP」観覧

はじめてのテレビ観覧に興奮してしまった…。
Aqoursを狭い箱でこんなに近くで見ることはまずないから、本当に良かった…。

early48.hateblo.jp

 

 

こうしてみると大人しい月とそうでない月が分かれてますね…。

下半期は9月以外こまごまとよくイベントに行ってたので、もう少しボリュームが増えると思います。

それでは。

 

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition」楽しかった~

久々にドはまりしたTVアニメ「少女☆歌劇レヴュースタァライト」が終わり、3週間が経つ頃。

スタァライトロスに陥るかと思いきや、矢継ぎ早に「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition(以下#2)」、つまりスタァライトの舞台の第2章が幕を開け、あれよあれよとぶつけられる情報量にすっかりまたスタァライトされてしまった。

10月13日から10月21日まで全14公演が上演され、3回(そのうち女性限定公演2回)劇場で観劇し、加えて千秋楽のライブビューイングに参加してきた。

f:id:early48:20181124150615j:plain

 

見た人向けなので、ネタバレを気にしてないですし、ストーリーを丁寧に追っているわけではないので初心者にオススメするタイプの記事でもないです。ご注意を。

続きを読む

1stスタァライブ 「Starry Sky」が楽しかった~

もう2ヶ月も経っちゃったよ…アニメも折り返しだよ…。

去る6/23。
ミュージカルとアニメーションで物語を紡いでいくメディアミクス先品「少女☆歌劇レヴュースタァライト」の1stライブ「Starry Sky」に行ってきた。

f:id:early48:20180804004443j:plain

デザインがいいパンフレット。

7/12から始まったアニメも抜群に楽しい、レヴュースタァライトのライブ。
スタァライトコンテンツに触れるのは、昨年9月に行われた「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE- #1」以来だった。
昼夜両公演たっぷり楽しんで、三森すずこさんの言葉を借りるなら、間違いなく未来のオタクたちに「ドヤ顔」できるステージだった。

 

セットリストはこちら。アニュータで公開されてる。

aniuta.co.jp

OP曲、ED曲も発売されたことだし、これで1stライブのセトリをそのままプレイリストにできるね!やったね!

 

M1「よろしく九九組」

ミュージカル調な自己紹介ソング。初披露とはいえ、ミュージカル調で取っつきやすいし、舞台原作ならではの曲で1曲目としては最高だった。

M2「ディスカバリー!」

振り付けがキャッチーだったり、合いの手を入れやすくて、これまた初聴きでもノリやすい曲。間奏では馬跳びしたりロンダートしたり、見せ場が多いのも特徴的。

M3「ロマンティッククルージング」

客席の通路に演者が繰り出す、というパフォーマンスをする曲で、正直、曲が頭に残らなかった。夜公演の席が通路前で、手を伸ばせば届く距離に演者がいる席だったのだ。EDが発売されて聞いてから、ああ、そういえばこういう曲だった…と思ったぐらいだった。

三森すずこさんや岩田陽葵ちゃんが歌って踊り、陽葵ちゃん越しにライビュ用カメラに向かって富田麻帆さんと相羽あいなさんがイチャ…ワチャワチャとはしゃいでるのがよく見える。

f:id:early48:20180806011050p:plain

頭がパンクした

汗いっぱいかいた佐藤日向ちゃんが走り抜ける。伊藤彩沙ちゃんにステッキで指差しをもらう。

f:id:early48:20180806011051p:plain

あやさちゃん………!!!

致死量の声優を浴びた。オタクは死ぬ。 

M04 Circle of the Revue
M05 Star Divine

かっこいい&激しい曲、2連続。

Circle of the Revueもライブは初披露だったかな?
このプロジェクトの曲全体的に言えることだけど、歌詞と物語の共鳴力が強い。この曲ももちろんそうだけれども、アニメ始まってからより強く感じた。アニメでも使われないかなぁ。

Star Divineは舞台のテーマ曲なのに、アニメの主題歌のようでかっこよくてヘビロテしてしまう曲。舞台慣れしていないアニメオタク層もとっつきやすそう。
しかも今回のライブでは殺陣を交えてのパフォーマンスで、最高にアガった。小泉萌香ちゃんの二刀流最高。

こちらから見れるのでぜひ。

www.youtube.com

九九組の絆を深めるコーナー

あ、あのAqoursのファンミーティングでもありましたけれども、「目隠しをしたメンバーに、他のメンバーが特定のスキンシップをして、誰だか当てる」ゲームって流行ってるんですか???最高では???????

スタァライトの生放送などあんまり見たことがなかったので、キャストの仲の良さをストレートにぶつけられて情報量が多すぎて完全にキャパオーバーだった。
(なので他の方のレポートを見て記憶を掘り起こした)

f:id:early48:20180806011052p:plain

このみもりんの発言は別のMCパートだったけど

昼夜見ると味わい深かったし…。あ~でも円盤になるのは夜だけかな~~~。

最高だったので、早く円盤ほしい。


M06 情熱の目覚めるとき
M07 GANG☆STAR
M08 Fancy you

ユニット曲パート。

スタァライトの曲ってやっぱり48Gの公演曲を想起してしまう。
謡曲で物語性のある歌詞だからかな?

9人だからといって3人ずつで割らず、3人・4人・2人で割っているところも48Gの公演曲を思い出してしまうのかも。4人ユニットも3人・2人では出来ないパフォーマンスが出来たりするし。

どの曲も全員曲と違った良さがあるんだけど、「GANG☆STAR」が特に好き。
天堂真矢、西条クロディーヌ、花柳香子っていうお家柄がいい3人が上から目線で歌ってる感じがあって好き。石動双葉はイケメン力でこの3人に並び立てている感じがしてこれまた好きになる。
「情熱の目覚めるとき」「Fancy you」はライブでじっくり聞きたい曲。

このブログ書きながら「情熱の目覚めるとき」を見ていたけれども、間奏で星見純那と大場ななが手をつないだので、ますますまた見たくなってしまった。あ~~~。 

M09 星のダイアローグ

ライブで初披露だったかな!?

今は聞き馴染みのある、アニメのOP。転調は多いし、目まぐるしく曲のトーンが変わって、「Star Divine」と対照的なコンセプトの曲。

歌詞がエモくて、大サビの「あの頃には戻れない 何も知らなかった日々 胸を刺す衝撃を 浴びてしまったから」が特に好き。舞台少女たるキャラ、俳優・声優という道を選んだキャスト、このコンテンツに魅せられてしまったファン、それぞれの思いが重なるような歌詞だと思う。

TBSアニメフェスタで再度見ることが出来たけど、日向ちゃんのジャンプがたっかいんだよな~~~。好き~~~~~。


M10 願いは光になって
M11 キラめきのありか

「願いは光になって」は1stシングルのカップリング曲。

舞台では演劇パートのあとライブパートでこの曲などを披露するのだけれども、舞台本編ともリンクする歌詞が初演舞台当時グッときた覚えがある。真矢クロ・ふたかおあたりが特にビビってきますよね。

あと、ちょうど7話終えたことで、作詞の中村彼方さんがこの曲の歌詞について触れてます。このパートとその前後のみんなの歌声が好き。

akiba-souken.com

「キラめきのありか」は2ndシングルのカップリング曲。
ちょっと印象が薄いので、あまり踊らずにキャストが仲良くしているような感じの曲だったかもしれない。

7話を経た後なので、可愛い曲でも爆弾があるのではないかと勘ぐってしまうが。

M12 舞台少女心得

舞台ではこの曲がライブパートの最初を飾ってるんですよねぇ~!

自分達の悔しい気持ちを歌い上げ、それでも立ち向かって鼓舞する系アイドルソングと同系統の曲。

これは間奏でそれぞれペアになって踊りあげていくところが好きで、その最後を飾るのが佐藤日向ちゃんのソロダンスなのが、すーーーっごいいいんですよねーーー。そして「星のダイアローグ」でもしっかり飛んでたけど、ここでもバッチシ飛ぶ。日向ちゃん、ライブパートでほんとにキレッキレなので、ついつい目がいっちゃうんですよね。Saint Snowとして歌い上げる日向ちゃんも好きだけど、あちらは少しダンスが少ないので、スタァライトで踊ってる姿が結構見れるのは嬉しい。

f:id:early48:20180806011049p:plain

ここ大好き~~~

 

M13 スタァライトシアター

ペンライトフリフリソング。ライブで楽しめること間違いなしの曲。間奏の岩田春葵ちゃんのソロダンスがよいし、落ちサビの小泉萌香ちゃんの歌声のノビがいいし、日向ちゃんがにゅっとペンライトを出すのが何回見ても面白い。(舞台BDに収録されていて何度も見ている)
こちらで1番まで見て聞けます。

www.youtube.com

サビの振り付けが優しくて、youtubeの生放送番組でも振り付け解説を行っている。ライブで初見でもおおよそ雰囲気で覚えられるぐらいの難易度。

www.youtube.com


En1 Glittering Stars
En2 Star Divine

アンコールはライブTシャツに着替えての披露。

「Glittering Stars」は舞台のラストを飾る曲で、舞台BDに収録されてる。終幕を感じる曲なので、アンコールにちょうどいい。

二度目の「Star Divine」は殺陣なしだけど、やっぱりアガる。何回でも見たい曲だなと改めて。

終幕の一人一人の挨拶で、小泉萌香ちゃんが「曲そんなにないのにライブできるの?っていうツイートを見て不安になった。」っていうことを話していて、わざわざ話しちゃうところにほっこりした。

たしかにどーすんだろーと思って参加したライブだったけど、初披露の新曲はどれもノリやすい曲で、どのキャストを見ても楽しそうだったから、そんなことを気にせずに全力で楽しめたライブだった。

三森すずこさんは、初演舞台から「このプロジェクトを最初から見ていくなんて古参としてドヤ顔できるよ!」なんて主張していたけれども、今回も同じ発言が出ていて笑ってしまった。それだけこのプロジェクトに可能性を感じているだろうし、思い入れがあるんだろう。でもそれに見合うものを見せてもらってるから、どんどんドヤりたいなぁ~。

 

これから8話が放映されるアニメは予測不能な展開へ行くし、それを受けての10月の舞台も未知数、そして12月にはライブ。

7話の内容でダメージを受けている純那ちゃん&ばななちゃん推しだけれども、未来が楽しくて仕方ないです。

 

 

大阪城ホールの楽しいAqours 3rd LIVE

もうすでに一か月以上前のことですが…。

6月16~18日in大阪。
Aqoursを追っかけての遠征は、これで2度目。今回は夫婦旅行がてらの遠征だったので楽しみな気持ちが膨らんでいた。なお、1回目の遠征は前回のファンミで北海道に日帰りで行ったこと。1人で。そのときはひたすら寿司を食った。

 

6月16日

寝坊・出発・駅弁

寝坊した……。指定席を取っていたのにもったいない…。
2~3本遅れて東京駅で新幹線に乗り込んだ。始発だから自由席にも無事座れて。この日は現地ではなく難波の映画館でのライビュ鑑賞だったので、その点でも一安心。

前乗り大事。なお、この教訓は福岡にも活かされることになる…。

お昼は新幹線の中で駅弁で済ます。これも旅の楽しみの一つ。
旦那が牛タン弁当で、私はまい泉のミックスサンド。ヒレカツサンドが美味しいのは当然ながら、エビカツサンドがこれまた美味い。次の出張でも食べようかな…。

牛タン弁当、ぷしゅーっと紐を引いて温かくするやつを買えばよかったと、いま気づいた。*1

 

聖地巡礼キンコーズクラフトビール

大阪着。ホテルに荷物を置いて難波へ向かうことに。

大阪城ホール徒歩圏のホテルに泊まったのだけど、向かう途中で偶然にも「名探偵コナン から紅の恋歌」の聖地巡礼を成し遂げてしまう。

 

f:id:early48:20180616135752j:plain

名探偵コナン から紅の恋歌」で爆破されたTV局

コナンが平次を助けつつ川にダイブする、あの爆破されたTV局だ。
コナンがお好きなすわわは見たんでしょうか。

 

さて難波で映画館に…向かう前にミッションが二つ。

その一、キンコーズでファンレターに同封するイラストを印刷すること。
誰かのためにイラストを描くってただ描きたくて描く絵よりも、気持ちの入り方が違って心の健康に良い気がする。

f:id:early48:20180617011442j:plain

やけにフランクな店員さんの親切な対応で上手く印刷できた。センキュー!

 

その二、クラフトビール専門店で大阪のクラフトビールを飲むこと。

クラフトビールは流通や生産量の都合上、限られた場所・お店でしか飲めない銘柄が存在するので、遠出したらやっぱり押さえておきたい。

難波にいくつかビアパブがあるが、「cafe&beer あるか→アるか」というお店に行ってきた。お昼から開いてるお店、ありがたい。行ったときはタップがやってなくて、瓶のみだった。ちょっと残念。でも、大阪のクラフトビール事情をいろいろ教えてくれて親切だった。

www.arca-archa.jp

 

これは「MINOHビール ヴァイツェン」。成城石井でも取り扱っているけど、ヴァイツェンの気分だったもので。

f:id:early48:20180616160243j:plain

美味しい。

「西成ライオットエール」。なんといってもストーリーがエモい。このビールは大阪圏内ぐらいしか流通してないっぽいので、またそっちへ行ったら飲みたい。これだからクラフトビールはやめられない。

f:id:early48:20180616160411j:plain

f:id:early48:20180616160336j:plain

美味エモい。
ライブビューイングへ

さくっと腹ごしらえをして、美味しいビールで上機嫌になったところで、ライブビューイングへ。ライブビューイングは、ビールを飲みながらライブ鑑賞ができることがいいところ(もちろん騒ぎすぎないように)。
それに現地に行ってもスクリーンさえもあまりよく見えないこともあるし、どっちがいいのか時々わからなくなる。が、やはりライブの盛り上がりを文字通り肌で感じられる気持ちよさは、会場鑑賞に勝るものはない。
席はわりと後ろの方で、MC中はゆっくり座りながら見ることができたし、過度なコールもなくて快適な会場だった。

埼玉公演を経てセットリストを知っているものの、「MIRACLE WAVE」のあんちゃんのバク転を見るのは手に汗握ってしまう。しかも埼玉の2日目で着地でよろけてしまったから、余計に。それでもこの日は完璧にバク転を決めて、大歓声。

バク転できる女性アイドルは数多くいるわけではないけど、いないわけでもない。(卒業しちゃったけど、元SKE48藤本美月ちゃんとか。SKE初の単独紅白決めたときにバク宙した子。)
でも、そういう子って元々新体操などやっていた子で、本当に経験ゼロからバク転をしたというのは、アイドルとしてもすごいことなんじゃなかろうか。

μ'sの「声優がアニメと同じくライブパフォーマンスする」というところから、Aqoursは別のステージへ道を進んでいると、2ndライブツアーから感じていたことが3rdライブツアーでもっとずっと強く感じる。
別のステージとは、声優ではなく「女性アイドル」としてコンテンツを盛り上げていくということ。既存のアイドルの売り方を取り入れるだけでなく、既存のアイドルを超えようと、様々な試みを乗り越えていくAqoursの子たちを追っていくのは、楽しいことこの上ない。でも心配な気持ちもあるので、無茶はさせないでください、運営さん。

 

帰りはあんちゃんとお揃いにしようと思って、くくるでたこ焼きと明石焼きを食べて帰った。

6月17日

現地で参加したのは2日目の17日。奇しくもAKB48ヲタのときの最推し、橋本耀ちゃんのお誕生日。なお、彼女はIWAでファン有志による生誕祭でお祝いされてたらしい。知り合いのオタが主催していた。色々な複雑な心境だ。

物販・梨香子、お風呂入ってきたよ

朝から物販へ。歩いていけるのが最高だった。
東京近郊でライブやるより移動が断然楽。

f:id:early48:20180617092612j:plain

大阪城ホール、オタクが多い…。

ライブグッズは気に入ったデザインでもないとあまり買わないのだけれど、遠征のときは特別で、気が大きくなって買ってしまう。ライブTシャツとパンフレットを買って、とっととホテルに戻った。

ライブまでの間、大阪観光に繰り出す…という選択肢もあったのだが、どうも暑いし、平日の仕事の疲れが溜まっている。そんなこともあって、ホテルの有料のスパに繰り出すことにした。

露天風呂もサウナもある。昼間から利用する客も少ない。スパ利用者専用のラウンジもあって、そこからはさきほど行った大阪城ホールも見える。使い放題なマッサージチェアに揉みほぐされながら、文字通り高みの見物をするという、非常に贅沢な時間を過ごした。

日々の疲れをデトックスしつくして、ライブへ。

 

埼玉メットライフドームに比べると、大阪城ホールは半分ぐらいのキャパで、2階スタンド席でも近く感じる。正面側の席だったから全体がよく見えたし、3rdライブツアーのセトリ、というか2期の劇中歌は引きで映える振付が多いので、見てて楽しい。
ロッコがだいぶ近くまでやってきたのも嬉しかった。やっぱり降幡愛は黒澤ルビィだった。

終始楽しかったせいで正直全然覚えてない。

 

この日は、知り合いとともに打ち上げ。
ライブは終わった後に美味しいものを食べて、美味しいビールを飲んで、楽しかったこと、キャストのここが好きっていうところを話すのも超楽しい。
特に地方へ遠征したときだと、その土地のものが飲み食いできるし、ライブ以外も楽しいのが最高。

大阪はたこ焼きぐらいしか大阪らしいものが食べれなかったから、また行きたいな~。
あとクラフトビール。MARCA行きたい。

ファンミツアーの開催日時や場所も発表されたことだし、秋冬もチケットご用意されたい。すでに1次全落ちですけど…仕事でダダ被りの日もあるけど……。

AZALEA名古屋2日目行きたいんですけどね~~~
ご用意されないかな~~~。

 

*1:初期の「浦の星女学院ラジオ」で小宮有紗諏訪ななか回にて、米が食べれないすわわがありしゃの弁当の紐を引かせてもらったというエピソードが。この話めちゃくちゃ好き。